毎月の家賃で家を買う人急増中!

住まいは衣食住のなかでも最も重要なものだと言われています。その理由は、一般家庭の支出で見た場合「住」の占める割合が「衣」「食」に比べて大きなウエイトを占めるからだともいわれています。

毎月の家賃は、毎月の家賃は兵庫県の平均的な地域といわれる明石市(2LDKハイツの場合)でも7万円から8万円前後といわれ、収入が安定しない20代、30代にとっては大きな負担となっています。さらに、賃貸住宅の場合、家賃を払い続けても自分のものにはならず、一生家賃を払い続けるということにもなりかねません。

毎月支払っている家賃を住宅ローンにあてることにより、自分の資産となる住まいを手に入れることが出来ます。

ローコスト住宅の性能は年々向上しています


注目を浴びているのが毎月の家賃と同程度の支払いで購入することができるローコスト住宅です。数年前から耳にするようになったローコスト住宅ですが、広義では、 安い(ロー) 価格(コスト)の住宅のことを指します。

価格の安い住宅というと、2005年に話題になった「耐震強度偽装物件」のような欠陥のある住宅や程度の悪い住宅を連想するかもしれませんが、最近のローコスト住宅はそうではありません。

かつては敬遠されていたローコスト住宅が、ここ数年かなりの勢いでシェアを伸ばしてきています。これにはひとつの理由があります。それがローコスト住宅の性能の向上及び品質の向上です。新築のローコスト住宅はパワービルダーと呼ばれる住宅会社が建築するのが一般的です。

パワービルダーとは年間1000棟以上を分譲する建売住宅会社のことをいいます。パワービルダーと呼ばれる住宅会社は年間1000棟を超える住宅を統一規格で建築していくので、建築資材(木材など)や住宅設備(キッチンやお風呂・トイレ)を大量仕入れすることが出来ます。大量仕入れするということは、地元の工務店に比べて安い価格で資材を仕入れることが可能になります。大量仕入れによって安く仕入れ、価格に反映することでローコスト住宅が実現しているのです。ローコストというと材料までローコストで低品質というのも、昔の話で、同じ品質の材料を企業努力と大量仕入れによって実現しているのが、今のローコスト住宅です。

最近では市川海老蔵さんが登場するTVCMを見にしたことがある方も多いのではないでしょうか?

このTVCMしているのが、日本一木造住宅の供給が多いといいわれている「飯田グループホールディングス」です。

ただ、それでもやはり価格の安い住宅は不安だと感じているかもしれませんが、ローコスト住宅でも、すべての物件に対して第三者機関の検査が行われています。第三者機関とは施工する住宅会社とは全く別の機関が行うので、正しく他のハウスメーカーと同様の検査が実施され、それを必ずクリアする必要があります。つまり、現在のローコスト住宅は品質的にもしっかりとお墨付きを得た安心して住める住宅に進化したということが出来ます。

毎月の家賃で家を買うとは?


ここで紹介したローコスト住宅を計画的にローンを組んで、家賃と同じくらいの支払い額で家を購入することが「毎月の家賃で家を買う」として兵庫県でも定着してきました。

うそのような話ですが、住宅ローンが史上最低金利を記録している現在、驚くような低金利で住宅ローンを組むことができます。さらに変動金利だけではなく、30年や35年の固定金利でも数年前では考えられないような金利で住宅ローンを選択することができます。まさに、「毎月の家賃で家を買う」のに絶好の機会が今訪れていると言っても過言ではありません。

住宅を手に入れるということは、住まいを持つという意味だけではなく、「安心」「信用」「資産」を手に入れることが出来ます。

皆さんは毎月の家賃をいくらお支払いされてますか?
3LDK、月々6万円、7万円、駐車場込みだと8万円以上だという方もたくさんいらっしゃる事と思います。毎月掛け捨ての家賃、一生払い続けても何も残りません。
もったいないと思いませんか?
「でも私たち持ち家なんて!高いでしょ?」
「2,000万円、3,000万円のローンなんて考えたこともないわ」
「5年後に頭金を貯めてから・・・」
その間の家賃はどこかに消えてなくなっているのです。1年早くローンを始めれば1年早くローンが終わります。当たり前の事ですが意外と気付かれていない方が多いのです。

↓↓毎月の家賃で家を買いたい方はこちらをクリック↓↓